セレクト出版

ブランド品やビンテージものを高く売りたい

by on 1月.03, 2014, under 未分類

政府は2013年夏、司法修習生に対し従来の「給費制」を廃止して、返済が必要な「貸与制」に変更しました。

サックリ言うと、司法修習生には給与を支払わないことにします。
その代わり、貸してあげるから、後で返してね・・・ということ。

これには司法修習生も黙っていません。
元修習生らが「過去の修習生との差別にあたり、法の下の平等を定めた憲法に違反する」と、国に1人あたり1万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴したそうです。

制度の変わり目というのはトラブルがつきものですが、国は、月約20万円だった従来の給与のほぼ同額を貸し付け、返済義務を課す制度に移行したわけです。

司法修習生期間は1年間、月20万円で年間240万円を国から借りることになります。

制度の変更により、アンケートから分かる司法修習生の涙ぐましい節約は、食費を削り、書籍は買わないなど、たいへんさが伝わってきます。

昔なら質屋に着物を入れて金策する場面、しかし、今どきは古着買取りを利用する?

って、さすがにそこまではないですね・・・。

でも、最近の古着買取りはブランド品やビンテージものが多く、古着といっても古着とはいえない感じがします。

話が飛んでしまいましたが、古着を高く買って貰うなら古着買取.infoへ
http://www.furugi-kaitori.info/

Leave a Comment more...

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Archives

All entries, chronologically...